身体の冷え  冷えるとどうなる? 卵巣編|愛知県西尾市の不妊整体治療院

0563537011

お問い合わせ

受付時間9:00~11:30 / 14:00~19:00

休診日※日曜、祝日、水曜午後休診

お問い合わせ

子宝ブログ

身体の冷え  冷えるとどうなる? 卵巣編

2015.03.10

こんにちは。
愛知県で子宝に向けた不妊のサポートをしております、子宝健康院こと、石川健康院の石川です。

今回は、多くの女性の悩みでもある《冷え》について。

特に冷えたらどうなるのか?冷えと不妊とどうつながるのかを、少し細かく書いていこうと思います。

まず、冷えとは何か?

多くの方が手足の冷えを訴えますね。
「手が冷たいんです」「足が冷えてるんです」

だいたいこんな感じのことを訴えてきます。

では、なんで手足が冷えるのでしょう?

いろいろな理由が考えられますが、大きい要因のひとつが『おなかの冷え』です。

手足が冷えてる人に聞いても、おなかが冷えている、冷える感じがすると答える人はほとんど居ません。

実際に冷えていてもあまり感覚として感じにくいところのようです。

冷えのメカニズムのひとつとして、

 

骨盤、体幹が歪み、血管、神経、リンパを含めた内臓の片寄りが生じる。

筋肉は緊張し、血管・神経・リンパは流れ・通りが悪くなり、片寄った内臓は働きが低下し、内臓全体が冷えやすくなってくる。

内臓の働き、冷えを回復させるのにどんどん血液を送ろう!と身体は考え

手足に回す血液を最小限にして、内臓に血液を回さなければ!と行動します。

手足に血液が回らず冷え冷えになる。

内臓も片寄りがあるため必要なところに十分に血液は回らず、どんどん冷えてくる。

女性の場合は特に大事な臓器、子宮・卵巣を冷えから守らねば!!と、身体が頑張り、子宮・卵巣周りに断熱材である脂肪をつけてくる。

結果、歪みがもとで冷えやすくなり、ヘソから下の下っ腹がポッコリと出てきてしまう。
卵巣が冷えと血行不良で機能低下してしまう。

 

卵巣が冷えると血液の流れが悪くなる。
血液とは酸素と栄養を運ぶもの。

手先がが冷えると、かじかんで思うように握れなかったり、動かせなかったりしますよね。
卵巣が冷えても同じようなことになります。

酸素と栄養が運ばれなかったり、冷えて動きが悪くなると、

·         成熟すべき卵胞が成長しにくくなる。
·         成長しても未成熟になる。
·         卵胞は成熟しても、卵は育たず無排卵になる。
·         未成熟の卵が排卵されればタイミング良くても受精できない。
·         未成熟な卵胞からの排卵は出血や痛みを伴うことが多い。
·         排卵後の卵胞が黄体化しづらかったり、しなかったりして、黄体から出るはずのプロゲステロンが排出されずに、基礎体温の高温期が維持できずに14日あるべき高温期が14日未満で終わってしまう。
等の事が起こると予測されます。

卵巣には生まれた時には数百万個あると言われる卵のもとが思春期には20~30万個になるそうです。
一回の月経周期で約1000個の卵胞が減少しその中の一個の卵胞が成熟して適度な大きさに育ったら排卵をすると言われています。

ものすごい数の中から厳選された卵が排卵を迎えるのです。

ものすごい数の中から厳選された奇跡の細胞だから、冷えを取り除き、育つ環境を整えれば、必ず望む結果を手にできることと思います。

pagetop